ツール

ファイルの差分が簡単に比較できるサイト【Diffchecker】

サイトなどの制作をしていると 、『新しいファイル』と『古いファイル』のように複数のファイルが作られることもあるかと思います。

しかし、どこが変更されたのか分からない。修正された部分を知りたい。

などの際、目視で見つけるのは大変な作業です。

これがコードともなると何百行、何千行とある場合がほとんど。。

そこで、ファイルの差分を簡単に表示してくれるサイトDiffcheckerをご紹介します。

Diffchecker

(サイト画像)

Diffchecker(ディフチェッカー)は、2つのファイルの差異(差分)を確認できるサイトです。

ブラウザ上で確認ができ、ソフトやアプリを立ち上げる手間もいりません。

会員登録も必要なし。

例えば、文章の修正が入った場合の『修正前原稿』と『修正後原稿』や、

HTMLやCSSなどのファイルに追加や変更箇所が出た場合、『差分を確認したい』そんな時にも、短時間で差分を確認できるのでとても便利です。

Diffcheckerの使い方

使い方はとてもシンプルです。

まずは、Diffcheckerにアクセス。

比べるファイルの貼り付け

左側(Original Text)に元のテキストを、右側(Changed Text)に変更後のテキストをペースト(貼り付け)します。

自分がどちらのファイルか分かっていれば、どちらでも問題ありませんので、比較したいテキストを左右にペーストしてください。

”Find Difference”をクリック

このように左右に比較したいファイルを貼り付けたら『Find Difference』のボタンをクリック。

差分の確認

すると、このように左右のファイルでの差分が一目でわかります。

差分がない場合

両ファイルに違いがなかった場合は、『The two files are identical(2つのファイルは同一です)』と表示されます。

 

便利で手軽で簡単なとてもおすすめなツールですので、

ファイルの差分(差異)の確認する際には、Diffcheckerを是非使ってみてください。

ABOUT ME
FreeLaDay管理人
FreeLaDay管理人
現役フリーランスによる情報サイト。 webデザインに関する知識などを主に、コラムやライティング術など、在宅ワークが充実するような楽しい記事も掲載中です。