ツール

フリーランス必見!会計ソフト「freee」で収支管理・確定申告をラクに済ませよう

毎年3月に納税額を申告する「確定申告」は、フリーランサーにとって大きな仕事のひとつ。

しかし、納税額や収支の計算を1から手作業でやろうとするとかなりの労力が伴うため、あまり現実的ではありません。

そんなときに活用したいのが、会計ソフト。なかでも「会計freee」は日々の収支を簡単に記録でき、確定申告の労力を大幅に減らすため、多くのフリーランサーが活用しているソフトです。

今回は、会計ソフトを導入すべき理由から会計freeeのメリット、そして会計freeeの始め方までをご紹介していきます。



フリーランスが会計ソフトを導入すべき理由

フリーランサーが会計ソフトを導入すべき理由は、ずばり“本業以外の作業に使う時間を減らすため”です。

収支の管理や確定申告など、本業ではない経理業務の手間が減ることにより、本業に集中して取り組めることがメリットとして挙げられます。

また、会計ソフトで収支を管理すると、グラフを通して損益の推移がひと目で確認できるため、毎月の業務の状況が把握しやすくなるのも魅力です。

売上高はもちろん、支出の内訳なども月ごとにグラフで確認できるので、経費の見直しにも活用できます。

会計freeeとは


会計freeeは、手間のかかる経理業務を大幅に効率化するクラウド会計ソフトです。

案内に従うだけで帳簿付けや確定申告ができるので、やることは日々の収支を登録するだけ。

簿記や経理などの専門的な知識いらずで、経理業務の手間を大幅に減らしてくれます。

会計freeeは使える機能の数によって3つのプランが用意されているので、事業の規模などに応じて適したプランを選びましょう。

また、確定申告と同様フリーランスに欠かせない手続きのひとつである開業届。こちらも「開業freee」から簡単に作成・提出することが可能ですので、あわせて利用してみてください。

会計freeeのおすすめポイント

会計freeeは、多くのフリーランサーが愛用しているクラウド会計ソフト。人気の理由は、簿記や経理の知識いらずで簡単に経理業務ができることにあります。

ここからは、クラウド会計ソフトのなかで会計freeeをおすすめする理由について解説していきます。

収支の管理が簡単にできる

会計freeeには、事業用口座やクレジットカードなどをfreeeに同期すると、明細を自動で取り込んでくれる機能があります。

これを利用すると、取り込んだ明細から仕訳内容を予測してくれるため、登録ボタンを押すだけで帳簿付けが可能です。

日頃の収支をボタンひとつで登録できることが、経理業務の大幅な効率化へと繋がっています。

案内に従うだけで確定申告ができる

1年に1回の大仕事である確定申告ですが、会計freeeで日頃から帳簿付けを行なっていれば、ものの数分で確定申告を済ませることができます。

会計freeeの確定申告の提出画面は質問形式になっていて、いくつかの質問に答えるだけで確定申告が完了する仕様です。

したがって、必要な書類の保管と収支の登録さえきちんと行っていれば、あれだけ面倒だった確定申告があっという間にできてしまいます。

とはいえ、申告書類の提出期限直前になってバタバタしないように、日頃から帳簿付けはきちんと済ませておきましょう。

家賃按分などの登録ができる

自宅で作業することの多いフリーランサーは、水道光熱費や家賃の一部を経費として計上する「家賃按分」が欠かせません。

会計freeeでは家賃按分の登録ができるため、毎月発生する家賃などの支出から経費分を計上する手間を省くことが可能です。

また、家賃按分のほかには、在庫棚卸や支払調書などの登録にも対応しています。

会計freeeの初期設定

会計freeeで経理業務をラクにするためには、初期設定が必要です。

ここでは、会計freeeを使い始めるときに行なう初期設定について説明します。

開始残高の設定

まずは利用開始時点での、銀行口座などの各種残高を設定しましょう。

事業を開始した日の資産や負債を「開始残高」で設定することで、実際の残高とのズレを解消します。

銀行口座・クレジットカードの同期

次に、事業で使っている銀行口座やクレジットカードの同期をしましょう。

口座を同期すると、資金の出入りを収入・支出として扱うことができるため、簿記がわからなくても帳簿付けが簡単にできるようになります。

また、各口座で自動同期の設定をすると、明細が自動で取り込めるようになるため、効率よく帳簿付けができておすすめです。

まとめ

この記事では、会計ソフトを導入すべき理由から会計freeeのメリット、そして会計freeeの初期設定などについてご紹介しました。

会計freeeは日々の収支を簡単に記録でき、確定申告の労力を大幅に減らすため、多くのフリーランサーが活用しているソフトです。

口座やクレジットカードを同期することで日々の収支管理もラクになりますので、これからフリーランスで仕事を始めるならば会計freeeの導入も検討してみてくださいね!


ABOUT ME
FreeLaDay管理人
FreeLaDay管理人
現役フリーランスによる情報サイト。 webデザインに関する知識などを主に、コラムやライティング術など、在宅ワークが充実するような楽しい記事も掲載中です。