ライティング

ライティングの基本「PREP法」をブログで実践するために!

「ライティングって難しそう」

「作文苦手だったし・・」

いざブログをはじめようと思っても、ライティングに対して苦手意識を持っている方も多いですよね。

しかしライティングには「型」があり、その「型」を理解することで、驚くほどスムーズに文章が書けるようになります。

今回はライティングの基礎基本「PREP法」と呼ばれる型について、実際にブログで活用することを想定して解説していきます。

PREP法をブログで実践するために

PREP法をブログで実践する方法を説明したいと思います

プレップ法なんて、難しい名前ではありますが、決して難しくありません。

基本的には「型」と「流れ」を理解すればOKです!

PREP法の”型”を理解しよう

P (Point) 主張
R (Reason) 理由
E(Example) 具体例
P(Point) 最終結論

PREP法で検索して調べると、人により多少の違いがありますが、ブログを書く上ではこの形がベストと言えます。

また、1記事の中で大きくPREP法を展開するのも良いですし、1つの主張に対してその都度PREP法を意識して書くというのもありです!

PREP法の”流れ”を理解しよう

PREP法の流れについて説明します

P:主張

主張とは、筆者が伝えたい意見や事実のことです。

見出しを繰り返すような内容になる場合が多いです。

R:理由

主張に対する理由を記述します。

なぜそのような考えに至ったのか、なぜ主張をする必要があるのか、などです。

E:具体例

ここでは主張を裏付ける具体例を提示よします。

証拠のようなイメージでよりリアルな内容だと読者に響くものになります。

P:結論

上記を踏まえて、主張を繰り返すような内容になりますが、少し語気を強めて書くとより読者に響く内容になります。

PREP法で、簡単に書いてみました。

P主張:主張ばかりの記事は危険なので注意しましょう。

R理由:なぜ危険かと言うと、記事の方向性が曖昧になり、読者は疲れてしまいます。

E具体例:例えばファミレスで会食中、自分の話ばかりする人に対する嫌悪感に似ていますね。

P結論:なるべく主張は1記事に1つに抑え、理由や具体例を深堀していく内容が理想的です。

という流れがプレップ法の書き方の一例となります

まとめ

ライティングは難しいと思われがちですが、型に当てはめて考えると書きやすくなり、読者にとっても読みやすい記事になります。

逆に型のない記事は方向性がわかりにくく、読者はどうしていいかわからず離脱してしまいがちです。

ブログでPREP法を意識して書くようになると、記事構成もスムーズにできるようにもなるため、実践しない手はありませんよね。

ぜひ参考にしてください。

ABOUT ME
mayu watanabe
mayu watanabe
愛犬と音楽をこよなく愛するフリーライター。 はじめて就職した会社でセールスライター経験を積んだのち、2018年に独立。ウィンタースポーツ・グルメ・ローカル・旅行関連など幅広いジャンルの執筆を行なう。趣味はゴルフと1人カラオケ。