WEBデザイン

【CSS】text-alignの使い方

テキストを左右や中央などに寄せたい場合に使われるtext-align

今回はtex-alignの使い方を紹介します。

text-alignとは

text-alignはCSSのプロパティのひとつで、テキストアラインと読みます。

ブロック要素や表の水平方向での位置を指定できます。

『左揃え』『中央揃え』『右揃え』といえば分かりやすいかもしれません。

次は、指定方法を紹介します。

書き方

text-alignの指定方法は

HTML
text-align:○○;

この○○の部分にleft right のような任意の指定を入れます。

text-align: left

要素が左寄せになります。

テキスト

text-align: right

要素が右寄せになります。

テキスト

text-align: center

要素が中央寄せになります。

テキスト

text-align: justify

要素の幅いっぱいになるようにテキストが均等に配置されます。

分かりやすいように例を見てみましょう。

特に、複数行にわたる文章をきれいに整えるのに適しています。

text-align:leftの場合

通常の左寄せです。

 

ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。

 

text-align:justifyの場合

 

ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。ダミーテキストです。

要素に合わせてテキストが均等になっています。

まとめ

text-alignはとても便利で頻繁に出てくるプロパティです。

特に長文を表示する場合などは、justifyをうまく使ってみてください。

ABOUT ME
FreeLaDay管理人
FreeLaDay管理人
現役フリーランスによる情報サイト。 webデザインに関する知識などを主に、コラムやライティング術など、在宅ワークが充実するような楽しい記事も掲載中です。